経済活動が活発になる時期

日本におけるクリスマスは、カップルにとって特別な日であると同時に、家族にとっても大事な日であるという認識が強い。
カップルにとっては二人きりでロマンチックな夜を過ごすための日であり、家族にとってはごちそうとケーキを前にして家族団らんを楽しむ日として定着している。
いずれの場合にも、同じ時をただ一緒に過ごすだけではなく、プレゼントが伴うというのも特徴と言えるだろう。
ホームパーティーをしたり、プレゼントを交換したりするのは元々の伝統であることは知られていることだろう。
一方で、クリスマスの文化が海外から日本に伝わった時に、カップルのための時間という位置づけをすることで経済活動をより活発にしようとされたのであろう。
その結果として、家族に向けたプレゼントに加えて、カップルが互いに渡すのにふさわしいプレゼントも対象になって販売競争が繰り広げられるようになっているのだ。
いわば、幅広い年齢層を対象とした商戦が繰り広げられる時期として位置づけられるようになったと言えるだろう。
それによってショッピングセンターや商店街を中心として大規模なイベントがあり、スタジアムなどもそういった販売系のお店が集う会場として利用されることすらあるのである。
その分だけ人材も必要となることから、短期アルバイトも高い日給で豊富に募集されている。
そういった全体的な動きによって経済活動が活発になるのがクリスマスの特徴であり、世界に負けず劣らず消費が促される時期となっているのである。
この時期のアルバイトは時給も高いので働いてお金を貯めるのもいいだろう。